ガーデニング資格のお役立ち情報まとめ

園芸・ガーデニングを楽しむための基本

 

ガーデニングのメリット

適度な運動になるという点が挙げられます。

 

ガーデニングは五感を刺激

花や緑を見て楽しみます。花や緑の匂いをかぎます。

 

園芸・ガーデニングを楽しむための基本

良い土を準備することです。

 

家庭菜園や園芸栽培を趣味にしている方たちは男女問わずいます。一方、ガーデニングは面倒だ、作業が多くて大変だと考えておられる方もいらっしゃることでしょう。確かに、雑草を取ったりするのは簡単ではありませんし、冬場は当然寒いですし、夏場は暑さと格闘しなければならないこともあります。

 

でも、ガーデンニグには、そうした労苦を補って余りあるほどのメリットがあるのです。
メリットの一つに、適度な運動になるという点が挙げられます。その時の作業の内容にもよりますが、ガーデンニグの消費カロリーは、ウォーキングと同じ位になることもあります。

 

冒頭に記載した雑草取りの作業も良い運動になりますし、終わってみると綺麗になった様子を見て達成感を味わうこともできます。

 

 

日光に当たりながらの作業も体調にプラスとなります。体内でビタミンDが作られたり、太陽の光によって免疫力の増加、体内時計のリセットなどにつながることがあります。

 

さらに、ガーデンニグは五感を刺激します。花や緑を見て楽しみます。花や緑の匂いをかぎます。風で動く葉の音を耳で聞きます。育てて行く中で土に触れます。収穫物を美味しく味わいます。

 

五感が刺激され、ストレスにさらされている人間の心身のバランスを保つのにも役立つのです。ご家族やご近所との円滑なコミュニケーションにも役立ちます。育って行く草花を見て、家族や近所での会話が促されます。ガーデンニグは話題や感動を共有するコミュニケーションツールにもなるのです。

 

では、園芸・ガーデニングを楽しむための基本とは何でしょうか。基本の一つは、良い土を準備することです。

 

やはり植物には良い土が必要です。通気性や水はけが十分な土で育ててあげましょう。石などが含まれていればしっかり取り除き、腐葉土や堆肥を十分に活用して土をフカフカのじゅうたんのような状態にしてあげましょう。

 

良い土ができたら、まずは初心者が育てやすいものから育てることも基本です。難しいものからトライして失敗すると、つまらなくなって続かなくなってしまうでしょう。まずは暑さや寒さにも耐えることができ、手間がかからず、水分のコントロールの点でも繊細でない植物から始めて段階的に自信をつけてゆきましょう。

 

始めは、様々な事柄に手を広げすぎないことも基本です。ガーデニング関連の雑貨をあれこれと買って飾ってみたり、とにかく好きな植物を手当たり次第に植えてみたりして、テーマのない庭ができあがると、頑張ったものの統一感がなくがっかりしたりすることにもなりかねません。

 

花も野菜もきれいに育てよう

 

環境を整えることが大切

日当たりが良く風通しの良い場所で育てるようにしてください。

 

水を与えるポイント

土の表面が乾いてきたなら、次の水やりのタイミングであると言えるでしょう。

 

薬剤の準備も必要

4月頃から10月頃の暖かい季節に病害虫は活発に活動します。

 

花や野菜もきれいに育てることができるなら喜びも増し加わります。

 

花や野菜をきれに育てるためには、やはり環境を整えることが大切です。加えて植え付けの時期や方法を工夫することも重要になってきます。適切な量の水や肥料を与えたり、病害虫から守ってあげることも必要でしょう。

 

一例として、ばらの花を考えてみましょう。まずは環境を整えます。日当たりが良く風通しの良い場所で育てるようにしてください。

 

温度が高くなるような場所は避け、適度に間隔を空けるようにしましょう。植え付けの時期にも留意が必要です。大苗の場合には10月の上旬から3月の下旬位の時期に植え付けを始めると良いでしょう。

 

新苗でしたら、4月の下旬から6月の下旬の時期に植え付けを始めることができます。植え付けをする際には、直径と深さが40cmから50cmほどの鉢植えかまたは穴を用意し、そこに牛糞と肥料を入れて土とよく混ぜるようにします。それから苗と接木や支柱を設置して水をたっぷり与えます。

 

水については与えないなら枯れてしまいますし、与えすぎても根腐れを起こしてしまうおそれがありますので、大すぎず少なすぎず水を与えることがポイントです。一度水を与えてから、土の表面が乾いてきたなら、次の水やりのタイミングであると言えるでしょう。肥料についても時期を考えて与えるようにしましょう。

 

地植えの場合には、最初に与える肥料である元肥、育成の途中で与える追肥、冬の時期に与える寒肥をそれぞれ与えます。鉢植えの場合には、元肥や寒肥を与える必要はありません。

 

4月頃から10月頃の暖かい季節に病害虫は活発に活動しますので、必要な殺虫剤も準備しておくようにしましょう。例えば殺ダニ剤の準備が必要です。うどん粉病などに備えた薬剤の準備も必要となってきます。

 

色合いの点で、花も野菜もちょっとしたお洒落な工夫をしてみることもできます。同じ色の系統の花や野菜を何種類か育てるなら統一感が出てきれいに育てることができます。色合いの面でグラデーションを演出できます。野菜の中には、美しい花も咲かせてくれて、収穫もできるというものもあります。

 

さやえんどう、キャベツ、じゃがいも、小松菜、ブロッコリー、きゅうり、なす、ゴーヤなどは花のきれいな野菜です。とりわけゴーヤはきれいな花を咲かせるのはもちろんのこと、ゴーヤを自然のカーテンとして利用すれば、夏場の暑さ対策にも、節電にもつながってゆくのです。

 

収穫の喜びはガーデニングの醍醐味

 

何と言っても収穫の時期は喜びです。

 

収穫のタイミングに敏感でありましょう。植物によって収穫時期が異なりますので留意が必要です。幾つかの野菜の収穫時期にこれから注目してみましょう。

 

はじめにじゃがいもです。花が咲いて、花が咲き終わると、茎や葉が黄色く枯れ始めてきます。じゃがいもはここまで来たら収穫時期です。

 

梅雨時や雨がしばらく続いている時期に収穫をしてしまいますと、せっかくできたじゃがいもが腐敗するおそれがあります。そのような貯蔵性が良くない時期の収穫は避けましょう。天気の良い日に収穫をするのがポイントです。

 

収穫したじゃがいもを保存するとすれば、じゃがいもの表面を日光で乾燥させてから日の当たらない場所で保存するのが良いでしょう。収穫後のじゃがいもをずっと日の当たる場所に置いておくのは緑化を招き危険です。また、収穫時、病気にかかっているじゃがいもが混ざり込むことがないように気を付けましょう。

 

次にトマトです。トマトの収穫時期は最初に花が咲いてから45日から50日程度たった頃が目安です。赤く熟しているものから収穫するようにしましょう。

 

朝の涼しい時間の収穫が美味しいトマトを収穫するためのポイントです。手でもぎとるなら、他のトマトを傷つけずに済みます。トマトの木は枯れてしまわない限り、さらなる収穫が可能ですのですぐに捨ててしまわないように気をつけましょう。

 

続いて、にんじんの収穫について確認しておきましょう。にんじんは根元の根の直径が4cmから5cmほどになったら収穫のタイミングです。葉っぱを片手で持ち、もう一方の手は地面をおさえて引き抜くようにします。

 

収穫の時期を逸してしまいますと太くなり過ぎて割れてしまったりするおそれもあります。時期で言えば、種をまいてから大体100日頃から120日頃がタイミングと言えるでしょう。

 

小松菜の収穫のタイミングはいつ頃なのでしょうか。小松菜については育ち過ぎてしまうと味が落ちてしまいます。そのため、収穫時期を逃さないようにしなくてはなりません。まずは、草丈が10cm位になったところで、間引きを兼ねて収穫を行なうことができます。

 

間引きをしなかったものについては草丈が20cm位になったら大きなものから収穫して行きましょう。小松菜は20cmを超える頃から急激に成長して行きます。草丈が30cmを超えてきますと、味が落ちるおそれもありますので、草丈30cmになったら全て収穫してしまうようにしましょう。

 

誰もが羨む庭造りで暮らしを彩る

 

庭を作るなら、自分だけでなく家族や他の人々にも感動を与える美しい庭造りにトライしたいと思われることでしょう。そのためには庭造りをする前に、やみくもに思いつきで育てるのではなく、事前に腰を据えてプランニングすることが必要です。まずは理想の庭作りを自分の中でイメージし、デザインしてみましょう。

 

実際に育てる土地をイメージし、描いてみるのです。配列の仕方によっては日当たりの関係であきらめなければならないものも出てくるでしょう。このように、必要に応じて取捨選択し、自分なりにプランニングをしてみます。

 

ガーデニングについて扱った本やインターネットなどで情報を得て、イメージをふくらませることができるでしょう。ホームセンターなどに出かけ、プランニングしたものを店員さんに見せ気軽に相談してみることもできます。日本生活環境支援協会で実施されているガーデニングアドバイザー認定試験のような試験に合格し、資格を持っている係の方がいれば、一層安心して相談できます。

 

例えば、庭を美しくするために、コスモスを植えてみるのはいかがでしょうか。コスモスは日当たりが良く水はけの良い土であれば、気候を選ばず丈夫に咲いてくれます。それだけでなく、秋には彩豊かな美しい花を咲かせるのです。

 

キンモクセイも花と香りで人を楽しませてくれます。しかも比較的害虫がつきにくいので手入れの面でも簡単です。

 

美しい花を育てるだけでなく、さらにグッズを活用しておしゃれな庭を演出することもできます。例えばフラワースタンドはおしゃれな演出に役立ちます。フラワースタンドを置くなら高さを演出することができます。花壇ブロックなども活用できます。

 

花壇ブロックで囲うだけでおしゃれ感が漂います。プランター付きフェンスを活用する方法もあります。おしゃれなデザインのプランター付きフェンスを選び、目線が集まるように設置してみるのはいかがでしょうか。

 

すのこを活用しておしゃれな演出をすることもできます。すのこをお好みの色に塗り替えます。そのすのこで棚を作ったり、鉢をつるしたり掛けたりするための、ハンキング掛けにしたりすることもできます。

 

このように、それほどお金をかけなくても、アイデア次第で低価格で上手にグッズで美しさを引き立てることができます。自分だけでなく家族や他の人々にも感動を与える美しい庭造りは暮らしに張り合いや彩りを添えるものとなるでしょう。

 

 

まずは理想の庭作りを自分の中でイメージし、デザインしてみましょう。

要点を紹介するキャラクター

 

ガーデニングを楽しめる資格ランキング

 

ガーデニングアドバイザーの特徴

基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能が一定レベルに達していると認められる方が認定を受けることが出来る資格です。

総合評価 評価
使いやすさ 評価
掲載情報量 評価
ガーデニングアドバイザーの総評
  • ガーデンデザインの知識、技能、技術の基本的な知識が身につく。
  • ガーデニングの基礎知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などを習得できる。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動などが可能
公式サイトへ

 

ガーデニングアドバイザー(https://www.designlearn.co.jp/gardening/)の資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機関です。

 

このガーデニングアドバイザーの試験は、ガーデニングアドバイザーとして基本的な、ガーデンデザインの知識、技能、技術を有していることを認定する試験です。取得した資格を家庭菜園や園芸栽培などの趣味で活かすこともできます。ガーデニングアドバイザーとして独立し、カルチャースクールなどの講師になる道も考えられるでしょう。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、このガーデニングアドバイザーになるための資格取得通信講座を実施しています。なんと、こちらの講座は通信教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれました。わずか2ヶ月で、しかも自宅でガーデニングアドバイザー資格だけでなく園芸インストラクター資格も簡単に取得することが可能となっています。

 

この講座は日本生活環境支援協会、日本インストラクター技術協会より指定講座として認定されていますので、試験免除で資格が取れるのです。

 

園芸インストラクターの特徴

多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能に関して一定レベルに達している方で試験に合格した方に認められる資格です。

総合評価 評価
使いやすさ 評価
掲載情報量 評価
園芸インストラクターの総評
  • ガーデンデザインの知識・技能・技術が身につく。
  • ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの基礎知識、ガーデニングの設計・施工などを習得できる。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能です。
公式サイトへ

 

園芸インストラクター(https://www.saraschool.net/garden/)の資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会です。園芸インストラクターの試験は、多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技能・技術を有していることを認定するものとなります。

 

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行なうことができます。ガーデン図面の製図方法やガーデニングの設計、施工などについて出題がなされます。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、ガーデニングプランナーの基本コース、プラチナコースが準備されており、ガーデン図面の製図方法やガーデニングの基礎知識などを学ぶことができます。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。ガーデニングアドバイザー資格、園芸インストラクター資格の2つの資格の取得を目指します。

 

一番オススメなのは「ガーデニングアドバイザー資格」

基本的なガーデンデザインの知識、技能、技術
実務経験は不要
在宅受験ができる

一番のオススメは「ガーデニングアドバイザー資格」です。ガーデニングアドバイザーとは、ガーデニングに関係した資格のことです。この資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)です。

 

この試験は、ガーデニングアドバイザーとして基本的な、ガーデンデザインの知識、技能、技術を有していることを認定する試験となっています。この試験には、例えば、ガーデン工事のポイント、ガーデンデザイナーの仕事内容、ガーデンの管理の仕方、ガーデニングのプランニング、病害虫早期発見と対策、ガーデンのゾーニングと動線、薬剤の使い方などが関係します。

 

人がたくさんいる試験会場は落ち着かない、圧倒されて本来の力が発揮できないという方もおいでになることでしょう。どうぞご安心ください。なんと、ガーデニングアドバイザーは在宅受験ができるのです。受講料もそれほど高くはありません。

 

10,000円(消費税込み)となっています。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。

 

受験資格も特にありません。実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうものですが、ガーデニングアドバイザーの取得には実務経験は不要です。気軽にトライすることができます。

 

申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の末日までに返送することになります。試験は偶数月に行われています。

 

「ガーデニングアドバイザー資格」はなぜオススメなのでしょうか。

 

今日、企業でも環境保護に取り組む様子が見られています。ガーデニングアドバイザーの資格を持った方は就職が有利になる可能性があります。もちろん造園関係や、さらには建設関係の職種でもこの資格は必要とされることでしょう。さらに取得した資格を家庭菜園や園芸栽培などの趣味で活かすこともできます。

 

ガーデニングアドバイザーとして独立し、カルチャースクールなどの講師になる道も考えられるでしょう。

 

ガーデニングアドバイザーの試験に向けて、独学で勉強することも可能です。着実に勉強を進めたいと思われるようでしたら上述のような通信講座を利用することもできます。

 

そして、重要な情報として、主催協会から指定された通信講座を受講すると、ガーデニングアドバイザーの資格認定試験の受験を免除される場合があります。

 

ガーデニングページはこちら

 

まとめ

 

園芸・ガーデニングを楽しむための基本の一つは、良い土を準備することです。通気性や水はけが十分な土で育ててあげましょう。

 

初心者が育てやすいものから育てることも基本です。難しいものからトライして失敗すると、つまらなくなって続かなくなるでしょう。始めは、様々な事柄に手を広げすぎないことも基本です。

 

ガーデニング関連の雑貨をあれこれと買って飾ってみたり、とにかく好きな植物を手当たり次第に植えてみたりして、テーマのない庭ができあがると、頑張ったものの統一感がなくがっかりしたりすることにもなりかねません。

 

花や野菜もきれいに育てることができるなら喜びも増し加わります。花や野菜をきれに育てるためには環境を整えることが大切です。

 

加えて植え付けの時期や方法を工夫することも重要です。適切な量の水や肥料を与えたり、病害虫から守ってあげることも必要でしょう。色合いの点で、花も野菜もちょっとしたお洒落な工夫をしてみることもできます。

 

同じ色の系統の花や野菜を何種類か育てるなら統一感が出てきれいに育てることができます。色合いの面でグラデーションを演出できます。

 

何と言っても、収穫の喜びはガーデニングの醍醐味と言えるでしょう。収穫のタイミングに敏感でありましょう。植物によって収穫時期が異なりますので留意が必要です。

 

庭を作るなら、自分だけでなく家族や他の人々にも感動を与える美しい庭造りにトライしたいと思われることでしょう。

 

そのためには庭造りをする前に、事前に腰を据えてプランニングすることが必要です。まずは理想の庭作りを自分の中でデザインしてみましょう。必要に応じて取捨選択し、自分なりにプランニングをしてみます。

 

庭を美しくするために、コスモスなどの魅せる花を植えてみることもできます。そして、美しい花を育てるだけでなく、フラワースタンドなどのグッズも活用しておしゃれな庭を演出することもできます。自分だけでなく家族や他の人々にも感動を与える美しい庭造りは暮らしに張り合いや彩りを添えるものとなるでしょう。

 

ガーデニングを楽しめる資格として、ガーデニングアドバイザー資格や園芸インストラクター資格があります。その中でもオススメなのはガーデニングアドバイザー資格です。就職が有利になる可能性がありますし、造園関係や、さらには建設関係の職種でもこの資格は必要とされることでしょう。

 

独立の道も考えられます。この機会に、ガーデニングアドバイザー資格や園芸インストラクター資格の取得を目指してみるのはいかがでしょうか。