プランターで野菜を育てるコツ

プランターで種をまく方法

 

家庭菜園や園芸栽培でプランターを活用している方も多いのではないでしょうか。おしゃれなプランターを集めてきれいに育てることを趣味にしている方もいらっしゃることでしょう。ここでは、プランター栽培のコツに注目します。

 

はじめに、プランター栽培に適している種まきにはどのようなものがあるでしょうか。例えば、条(すじ)まきがあります。プランターの辺に平行してまいてゆく方法です。

 

条まきの利点はどのようなところにあるのでしょうか。条と条の間に間隔がありますので、条間から日当たりを確保できます。さらに風通しも確保できるでしょう。このまき方は、ほうれん草や小松菜など葉菜類で短期栽培するもののプランター栽培に適しています。

 

千鳥まきという方法もあります。条をまたいで千鳥足のように左右交互に種をまいてゆく方法です。千鳥まきの利点はどこにあるのでしょうか。プランターの中の限られたスペースを最大限有効活用しつつ、株同士の葉がぶつかるのを避けることができます。そして、条まきでは難しいプランターを横切る向きの風通しも確保できます。

 

このまき方は、白菜など多少大株にしたいもののプランター栽培に適しています。この他にも、株を育てる場所を事前に決めておき、点状に密集させてまく点まきという方法などもあります。

 

正しい水やりに取り組もう!

水やりはいつ行えば良いでしょうか。おススメなのは朝の時間帯です。

 

例えば、冬の時期の夜に水を与えるならどんなおそれがあるでしょうか。夜間凍ってしまい、吸収可能な水分がなくなってしまうおそれがあります。さらに水が固まる時の膨張の影響で根が圧迫されてしまい、枯れてしまったり、根が傷んでしまうおそれがあります。

 

しかし、暑い真夏の季節はすぐに乾燥してしまいますので、朝だけでなく夜も水やりが必要になるでしょう。

 

どこに追肥するの?

プランター栽培の場合、株元からできるだけ離して土の上に肥料を置くことが大切です。プランター栽培においてはすぐにプランター底部に根が到達してしまうので、深く肥料を埋めておくことができないからです。

 

お近くのお店などに、ガーデニングアドバイザーの資格を持っている方がいるなら、育てる野菜に合った追肥のやり方について教えてもらうことができるでしょう。

 

まとめ

家庭菜園や園芸栽培でプランターを活用している方も多いのではないでしょうか。プランターで野菜を育てるコツとして次の点を留意しておきましょう。

 

正しいまき方をし、正しい水やりに取り組み、正しい場所に追肥することです。

関連ページ

ガーデニングアドバイザー資格を取るには
ガーデニングアドバイザーとは、ガーデニングに関係した資格のことです。この資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機関です。
趣味のガーデニングをマスターしよう
趣味でガーデニングを楽しむ人が多いですが、趣味のガーデニングをさらにマスターしたいと思う人もいます。しかし、そうなると本格的にガーデニングを勉強しなければなりません。
.庭をおしゃれにデザインする方法
家庭菜園や園芸栽培を趣味にしている方は男女問わず多くいます。庭を作るなら、できるだけおしゃれにデザインしたいと考えることでしょう。
お手入れが簡単になるガーデニングデザイン
男性にとっても、女性にとっても、自ら考え育てたマイガーデンでひと息つくのは上質な時となります。しかし、ガーデニングはしたいけれど、時間がないから私には無理、そう考えることもあるでしょう。