趣味のガーデニングをマスターしよう

趣味のガーデニングを本格的にマスターできる?

 

趣味でガーデニングを楽しむ人が多いですが、趣味のガーデニングをさらにマスターしたいと思う人もいます。しかし、そうなると本格的にガーデニングを勉強しなければなりません。

 

趣味で家庭菜園や園芸栽培楽しんできた人であっても、ガーデンを本格的に学ぶと、病害虫の予防法を覚えたり、野菜や花の育て方を知って楽しくなるものです。そしてガーデニングを本格的に学び、資格を取ると、講師として働くこともできます。

 

趣味のガーデニングを本格的にマスターできる方法とは?

ガーデニングの講座や教室では、ガーデニングの基本的な知識・技術を学び身に付けることができます。簡単に基本的なことを学びたい人は、通信講座や教室で学ぶと良いでしょう。もっと本格的に基礎だけでなく、応用を学んで勉強したい人には、専門学校で学ぶこともできます。

 

さらにレベルアップして専門学校以上のことを学びたい人は、大学へ行くこともできます。大学院でさらに学ぶと、ガーデニングの専門家になることができます。学校などに行く場合は、経済的なことも調べたりするなど全体を見て、自分に合ったところに行くようにしたいものです。

 

例え、自分が思っているようなところに行けなくても、独学で勉強することもできますので、ぜひ目標に向かってガーデニングをマスターしていきましょう。

 

ガーデニングの資格にはどんなものがある?

ガーデニングアドバイザーは、植物の知識や庭を構成する土壌、給排水設備などの知識を持って、設計や製図の技能を用いて作り上げる技術者のことですが、そのための資格があります。

 

試験では、ガーデニングの基礎知識やガーデン設計・管理方法などが出題されるのです。園芸インストラクターは、色々な場面に適用するガーデンデザインの知識や、技術技能を有していることを認定している資格です。ガーデニングの基礎知識やガーデニング設計・施行について出題されます。

 

国家資格では、観葉植物、樹木などを素材として装飾をする資格で厚生労働省認定の国家資格で、都道府県職業能力開発協会が実施している園芸装飾技能士というものもあります。

 

まとめ

このように、趣味のガーデニングを本格的にマスターして、本格的に資格を取ることができます。

 

また、本格的にガーデニングの仕事をしたい人はぜひ、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。そうするならば、仕事の幅も広がることでしょう。

関連ページ

ガーデニングアドバイザー資格を取るには
ガーデニングアドバイザーとは、ガーデニングに関係した資格のことです。この資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機関です。
プランターで野菜を育てるコツ
家庭菜園や園芸栽培でプランターを活用している方も多いのではないでしょうか。おしゃれなプランターを集めてきれいに育てることを趣味にしている方もいらっしゃることでしょう。
.庭をおしゃれにデザインする方法
家庭菜園や園芸栽培を趣味にしている方は男女問わず多くいます。庭を作るなら、できるだけおしゃれにデザインしたいと考えることでしょう。
お手入れが簡単になるガーデニングデザイン
男性にとっても、女性にとっても、自ら考え育てたマイガーデンでひと息つくのは上質な時となります。しかし、ガーデニングはしたいけれど、時間がないから私には無理、そう考えることもあるでしょう。