ガーデニングアドバイザー資格を取るには

ガーデニングアドバイザーとは?

 

ガーデニングアドバイザーとは、ガーデニングに関係した資格のことです。この資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機関です。

 

この試験は、ガーデニングアドバイザーとして基本的な、ガーデンデザインの知識、技能、技術を有していることを認定する試験となっています。この試験に合格するとどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは就職に役立つ場合があるという点を挙げられます。

 

今日、企業でも環境保護に取り組む様子が見られています。ガーデニングアドバイザーの資格を持った方の就職が有利になる可能性があります。もちろん造園関係や、さらには建設関係の職種でも必要とされることでしょう。

 

さらに取得した資格を家庭菜園や園芸栽培などの趣味で活かすこともできます。ガーデニングアドバイザーとして独立し、カルチャースクールなどの講師になる道も考えられるでしょう。

 

試験の概要や受験資格は?

人が大勢いる試験会場は落ち着かない、圧倒されて本来の力が発揮できないという方もおいでになることでしょう。なんと、ガーデニングアドバイザーは在宅受験ができますので安心です。受講料は10,000円(消費税込み)となっています。

 

合格基準も過度に高くなく70%以上の評価で合格できます。受験資格も特にありません。実務経験も不要です。気軽にトライすることができます。試験は偶数月に行われています。申し込みはインターネットで行います。

 

偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の末日までに返送することになります。この試験には、例えば、ガーデンの管理の仕方、ガーデン工事のポイント、ガーデンデザイナーの仕事内容、ガーデニングのプランニング、ガーデンのゾーニングと動線、病害虫早期発見と対策、薬剤の使い方など、幅広い内容が関係してきます。

 

資格取得に向けての勉強方法は?

ガーデニングアドバイザーの試験に向けて、もちろん、独学で勉強することも可能です。着実に勉強を進めたいと思われるようでしたら通信講座を利用することもできます。

 

そして、耳よりな情報として、主催協会から指定された通信講座を受講すると、ガーデニングアドバイザーの資格認定試験の受験を免除される場合があります。

 

まとめ

ガーデニングアドバイザーとは、日本生活環境支援協会が認定するガーデニングに関係した資格です。この資格は就職に役立つ場合があります。

 

試験は偶数月に行われています。独学でも通信講座でも取得可能です。

関連ページ

趣味のガーデニングをマスターしよう
趣味でガーデニングを楽しむ人が多いですが、趣味のガーデニングをさらにマスターしたいと思う人もいます。しかし、そうなると本格的にガーデニングを勉強しなければなりません。
プランターで野菜を育てるコツ
家庭菜園や園芸栽培でプランターを活用している方も多いのではないでしょうか。おしゃれなプランターを集めてきれいに育てることを趣味にしている方もいらっしゃることでしょう。
.庭をおしゃれにデザインする方法
家庭菜園や園芸栽培を趣味にしている方は男女問わず多くいます。庭を作るなら、できるだけおしゃれにデザインしたいと考えることでしょう。
お手入れが簡単になるガーデニングデザイン
男性にとっても、女性にとっても、自ら考え育てたマイガーデンでひと息つくのは上質な時となります。しかし、ガーデニングはしたいけれど、時間がないから私には無理、そう考えることもあるでしょう。